自宅にある、既に見なくなったDVDやCDなどは、買取に出すことでゴミも減らすことができます。当サイトでは、リサイクルの活用方法などの便利な情報を紹介しています。

公園施設の遊具

公園施設での砂場遊びは、子供の創造性を高めます。他の遊具が運動しながら体力やバランス感覚を伸ばすものであるのに対して、ここでは砂を使って子供の思い描くイメージで形をこしらえていくからです。

また子供同士のテリトリーを棲み分けて遊ぶことになるのでコミュニケーションにも役立ちます。ただし砂場にはどうしても注意しておきたい点があります。

それは夜間や早朝に、犬からリードを外して自由運動させる人がいることです。その場合は砂に混じった犬の排泄物をそうとは知らずに子供がいじることになり、衛生面で非常に問題があります。公園施設は市民の財産であり、マナーとモラルを重んじて利用したいものです。

タイキの最新施工事例をチェック!酸性土壌の緑化、砂漠緑化の施工や公園施設の遊具の管理。滑り台のような遊具、公園施設の管理。砂漠緑化、酸性土壌の緑化までのご提案をいたします。

公園施設の街灯

ただ景観が美しいというだけの公園施設ではなくて、環境に配慮しているという事も大事になります。

公園施設の一つに明るく照らす街灯があります。この街灯の中には、電力を使用するのではなくて、ソーラーパネルが使用されていたり、または風力発電を使用して電気を起こしている物もあります。

もし、電気が停電になり供給されなくなってしまった場合でも安心して使う事ができますね。そして、いうまでもなく節電する事もできます。

日が暮れてしまった時や、天気が悪い時などは暗く感じる事もあります。夜になると真っ暗になってしまう事もありますので、やはり施設内に街灯を設置する事は必要になってきますね。

安全性を第一に考える遊具がある公園施設

滑り台やジャングルジム、シーソー、ブランコなど、公園施設の遊具は小さい子どもが自由に遊ぶことができるものの、近年では、その存在が少なくなっています。

子どもが公園施設の遊具で遊ぶためには、何よりも安全性を第一に考える必要があり、管理会社などによって徹底されるよう努められています。思わぬ所での転倒や、高い所からの落下など、事故の発生を防がなければなりません。

どのような事故が起こってしまうか、ある程度の予測が可能なものに対しては、さらに注意する必要があります。安全面での取り組みが、公園施設の遊具を利用するすべての方にとっての安心にも直結します。

公園施設の遊具が壊れてしまうケース

公園で遊んでいる場合において、公園施設の遊具が壊れてしまうケースなどがあればリスクが伴います。壊れたまま使用してしまうと、子どもはケガを負ってしまう可能性もあります。

そのようにならない為に、公園施設の遊具については定期的に点検が実施されています。特に年代ものであれば、錆びてしまっている場合があり、その部分から壊れてしまうケースもあります。

修理が開始する前には、遊具で遊べない様にしているケースが多くあります。

神経質すぎるかも知れませんが、点検を実施していないと危険が伴ってしまうケースもありますので、公園施設における点検を実施する事は非常に重要な事として挙げられます。

公園施設における遊具や防犯カメラについて

公園施設においては市民の憩いの場所として知られ、多くの世代が利用しています。しかしながら、その一方でマナーの悪さが目立つ、公園の利用者も急増してしまっています。

遊具をはじめとした公園施設を管理していく上で、安全性が高く、居心地のいい場所を維持する為には、防犯カメラなどを使用していくことをお勧めします。

防犯カメラを使用していく事で、24時間365日悪質な行為や不法投棄がされていないか、監視することが可能になります。また、防犯カメラを設置することで、犯罪や違法行為などへの抑止力にもなります。このような方法で防犯カメラを利用し、公園施設や遊具の安全な状態をキープする上で必要不可欠なアイテムとも言えます。

遊具を置いていない公園施設

最近は、遊具を置かない公園も出ています。公園施設でも狭いところには、遊具を置けません。小さいところには、座れる場所だけを作って、それ以外のものは置いていません。

また自然を見てもらいたいと思っている公園施設では、遊具などの余計なものを置いてしまうと自然が楽しめないので、置かないようにしています。

ただ一般的な公園の場合は、とにかく公園施設に遊べる場所を置いて、子供が何でも出来る状況を作りたいものです。そこで広い公園なら、まずは遊具を設置することを考えて計画を作ります。計画がそのまま実現できるかは、最終的に土壌などの調査によって決まります。

遊具がある大きな公園施設は大人も子供も楽しめる

広い公園施設があれば、近所の人たちとの交流の場となり、コミュニケーションの場となるので、住宅街には大きな公園があることが重要となります。

遊具が充実しているような大きな施設であれば、小さい子供も楽しみながら過ごすことができるので、子供たちもご近所同士で友達を作ることも出来ます。

広い公園出れば、道路に出てしまう心配も少ないので、親も安心して子供を遊ばせることができます。特に広大な国立公園施設などが近所にあれば、休日に散歩をすることも出来るので、大人もリラックスした時間を楽しむことができるようになります。

公園施設で遊具を使う時の注意点について

公園施設には子どもたちが楽しめる様々な遊具がありますが、遊ぶ時にはいくつかのことを注意する必要があります。

まず、保護者は子どもに目が届く距離にいることが大切です。子どもが不審者に話しかけられたり、怪我をしたりしないように常に目を離さないことが大事です。

遊具は安全に設計されていますが正しく使わないと怪我をしてしまうことがあります。そのため、遊ぶ前に正しい使い方をしっかり教えておくことも必要です。さらに、マフラーなど引っかかりやすいものを外したり、脱げにくい靴を履いたりするなど服装にも注意することが大切です。

遊具で遊べる公園施設でできること

小さい公園施設では小さいお子さんが遊具で遊ぶのを保護者は見守っていたり、子どもたちが自由に遊んだりというものですが、大きな公園施設ではたいていは予約制ですが格安な料金で、野球場や、サッカー場、テニスコートなどを借りることができます。

数時間思い切り汗を流すのは心身の健康に役立ちます。予約は市などのホームページでやり方が載せられていますが、人気の高いところでは1か月前などに決まった場所に集まって抽選をするという場合もあります。しかし公園の備え付けの遊具で子供が遊ぶことに関しては自由で許可も要らないということがほとんどです。

公園施設、遊具の設置については株式会社タイキへ。
〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1-2

公園施設の遊具についての関連記事