自宅にある、既に見なくなったDVDやCDなどは、買取に出すことでゴミも減らすことができます。当サイトでは、リサイクルの活用方法などの便利な情報を紹介しています。

公園施設の危険な遊具

公園施設は昔も今も変わらず子供たちに人気がある遊び場です。しかし最近の公園からはどんどん遊具が減っていっています。何故かというと子供が怪我をする事例が多かったからです。

馴染みのある回転ジャングルジムやシーソーなど動くものは特に減少しています。そのため撤去または固定など、子供が怪我をしないようにリスク回避をしています。回転ジャングルジムなどはスピードが出て楽しかったと思う方もいますが、大人になってみると危険性がハッキリとわかるので仕方ありません。また撤去の要因の一つには子供たちがあまり外で遊ばなくなったこともあります。

公園施設の遊具の課題

公園施設での遊具による事故原因として多いのが、転落や落下、衝突、飛び降りといわれています。遊びによる事故が大きな怪我につながらないように、日々安全対策が必要とされています。

一方で、子どもたちは遊びの中のチャレンジや冒険から、危険を回避するためのスキルを身につけていくといわれています。大人たちの手で完璧に統御されたものでは、子どもたちの学びの場がなくなってしまうことも、一部では懸念されています。

そこで、子どものチャレンジ精神を奪わず、重大事故につながらない程度のリスクのある遊具作りをおこなっているメーカーが必要とされています。

公園施設の歴史と配置される遊具について

公園は公共性の高い団体や組織によって作られ、公衆がそこで憩うとか遊ぶことのできるとして公開されている場所のことを指します。国内では明治時代の初期に関西や関東その他で見られました。

都市公園と呼ばれるものは1956年に法的に体系化され整備基準等も定められることになり園路や噴水、広場、花壇、植物園、プールその他が備えられるようになりました。自然な状態を保つことが優先される場合も多いものですが公園施設として遊具が配置される場合もあり子供用のジャングルジムやすべり台、ブランコや鉄棒、シーソー、砂場などが配備されることもあります。

マナーを守って公園施設の遊具で遊ぶこと

現代の子供たちは、家の中でゲームばかりして、外で遊ばない子供が多くなってきています。外には危険がいっぱいになってきていることも現実ですが、やはり外で遊ぶのは、非常に大切なことだと言えます。公園施設で遊ぶのは、イコールほかの子供とのコミュニケーションを学ぶ場でもあります。

たくさんの遊具を通じて、普段は一人でしか得ることができない遊びでもたくさんの子供と遊ぶことにより、五感が刺激され、大人になる過程でとても重要なことだと言えます。

まずは、しっかりマナーを守って公園施設の遊具で遊ぶことができればと感じます。

子供たちの成長と公園施設の遊具

誰もが幼少期に公園施設で遊んだことがあると思います。

公園というとさまざまな遊具があったり野球ができるほど大きな広場があったりするのが普通ですが、最近はどこでも都市化が進んでいる影響で公園を壊してショッピング施設が建ったりするというニュースが良く報道されています。

公園は子供たちの遊び場として必要で、それがなくなってしまうと子供たちの遊ぶ手段が家でゲームが基本になってしまう弊害があります。そのため新しく公園を作ったり、今残っている公園の取り壊しを中止してもらわないと、子供たちの体の成長にも大きな影響が出てくるかもしれません。

公園施設に設置されている遊具の管理

沢山の人の憩いの場になったり、子供が遊んだりと、公園施設は人々の生活にとって欠かせない場所です。特に、遊具があると子供が遊ぶ事が出来るので人気があります。

公園は市が管理しています。市には、どこの地域の人も公園を利用出来る様に、まんべんなく公園を設置しています。

そして、危険のない様に定期的に遊具の点検を行っています。公園でよくあるものは、ブランコや滑り台です。砂場もあります。砂場では、子供がおもちゃのスコップなどを持参して、砂遊びをしている姿をよく見かけます。他にもジャングルジムなども設置されています。

公園施設、遊具の設置については株式会社タイキへ。
〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1-2

公園施設の遊具についての関連記事