自宅にある、既に見なくなったDVDやCDなどは、買取に出すことでゴミも減らすことができます。当サイトでは、リサイクルの活用方法などの便利な情報を紹介しています。

中古で手に入れる遊具

自宅の中で小さい子供が遊ぶための遊具というのは、購入しても子供が大きくなってしまうと不要になってしまいます。

しかし近年では、大きな物を粗大ごみとして処分する際には、お金がかかってしまう事もあります。だからと言って、遊具をずっと家の中に置いておくと、掃除の際に困る、置き場所がなくなってしまうなどという問題も考えられます。

そこで、手っ取り早くネットオークションやリサイクルショップなどで売りに出すという人も多いみたいですね。

また、遊具を安い価格で手に入れたいという時には、リサイクルショップなどで中古品を入手する人もいます。
ネットも使うと更に効率よく、売買する事も可能でしょう。

クライミングができる公園施設の遊具

最近では、子どもたちが遊ぶ公園施設の中には、クライミングなどができる遊具もあります。大きな壁があり石がはり付き、その石をつかみ登って楽しめるようになっています。

昔はこの様な遊具は、見かける機会はなかなかありませんでしたが、最近になってこのような公園施設が増えるようになりました。この壁を登って遊ぶ為には、自分の身体を支えていく為に、足や手の力が充分に必要になりますので、子どもだけではなく、大人の健康にも有効だと言えます。

小さい子どもでも、遊べる仕様になっていて低い壁が取り付けられていたり、大人専用の高い壁が取り付けられている公園施設の遊具もあるようです。

公園施設の遊具などのメンテナンス業者

子どもたちが毎日遊ぶ場所として挙げられるのは公園ですが、公園の施設は毎日利用することが可能で、長い間利用されることで、遊具には負担がかかってしまっています。

遊具が思ってもない故障や事故に見舞われない様に、公園施設は定期的にメンテナンスがされています。

公園が安全な場所であることを前提として、専門とする管理者や故障を点検している業者が、公園施設の点検もおこなっています。大きなトラブルや事故に発展する事のない様に、使用する側もマナーを守った上で使用し、点検をおこなう側も見落としたりする事が無いように、全体における協力体制が必要になってきます。

公園施設は風で遊具が飛ばない設置をする

春先になると、風が非常に強い日が続きます。遊具によっては、突風に非常に弱い傾向があり、一気にぐらつくこともあります。

遊んでいる子どもたちが、安全に遊べない公園施設の遊具は使えませんので、まずは固定することを考えます。固定されないままでは駄目ですから、念入りに地面に固定させて、動かないようにします。

最近は台風でも大丈夫なように、30メートル級の風でも耐えられるようにしています。竜巻などの突風が起きても問題がないように、最近は遊具を固定する部分をしっかり作っています。過去の事故を教訓にして、安全に遊べる公園施設を作っているのです。

公園施設における遊具の事情

街中に数多く見られる公園施設には、以前よりも遊具の設置が少なくなっている環境も存在しています。小さな子どもが自由に遊べる場所においては、第一に安全面に配慮されていることが重要です。高い所からの落下や、踏み外しなどによる転倒は、思わぬ事故に繋がることもあり、怪我の程度によってはその後の人生や命に係わる重大な問題になるケースも多く見受けられます。

公園施設や遊具の管理会社、製造会社などによって安全管理が徹底されるよう、社会全体においても叫ばれるようになりました。安全に関する項目は法律でも定められており、安心して遊べるよう工夫されています。

年齢別に分けられる公園施設の遊具

公園施設の遊具は、幼児向けと児童向けのものに分けられます。なぜなら、大勢の小学生が遊んでいる中に、幼い子どもがまぎれて遊んでいると、事故につながる可能性も考えられるからです。

幼児向けの遊具は、主に1人や2人で遊べるもの、親と一緒に遊べるような作りになっていることが多いです。例としては、ブランコなどが挙げられます。児童向けのものは、ジャングルジムなどのたくさんの子どもが一緒に遊べるものです。

公園施設によって設備は異なるため、小さい公園ならブランコや滑り台しかない場合もありますし、大きな公園なら両方の設備が整っていることもあります。

公園施設、遊具の設置については株式会社タイキへ。
〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1-2

公園施設の遊具についての関連記事