自宅にある、既に見なくなったDVDやCDなどは、買取に出すことでゴミも減らすことができます。当サイトでは、リサイクルの活用方法などの便利な情報を紹介しています。

子供を公園施設の遊具で遊ばせる

ある程度大きくなると、子供は自分達だけで公園施設に行って遊ぶ様になりますが、小さい間は親が一緒に公園施設に行って、遊具で遊ぶのを手伝ったりしないといけない事もあります。慣れてくると自分だけで遊具で遊ぶ事もあるでしょう。

しかし、公園施設で子供が遊具を使って遊んでいる時に、親はその様子を見ている事もあります。

ベンチなど腰をおろす事ができればいいですね。長い間遊んでいる場合には、立ちっぱなしとなってしまう事もあります。

また、ママ友達と話をしたりする事もあり、コミュニティーの場となる事もある様です。子供を持つ親同士では、いろんな情報をお互いに交換して役立てる事もあります。

鬼ごっこの際に遊具を使う

鬼ごっこやかくれんぼと言えば、子供の遊びとしては良く行われるものでしょう。大人は昔を思い出して、懐かしいなと感じる事もあるかと思います。

しかし、広い公園施設の様なスペースで遊んでいては、それほど盛り上がらない事もあります。隠れるスペースも十分でなく、広い場所を走り続けると疲れてしまいます。

しかし、遊具を使って鬼ごっこやかくれんぼをすると、更に盛り上がる事もあります。

遊具には友達から隠れる事ができる物もあります。ですので、見つからないかどうかドキドキしながら隠れたりするのも楽しいものです。

遊具があれば誰がどこにいるのかという事が分からない事もあり、遊びが予想外の展開に発展する事もあります。

安全に気を付けて遊具で遊びましょう。

大きな課題となっている公園施設の遊具の安全

子どもが遊ぶことのできる滑り台やブランコ、ジャングルジムなどの遊具が設置されている公園施設は、街中に存在しながらも数が少なくなっている現実があります。

小さな子どもでも自由に遊べるよう、公園施設の遊具は安全性が第一の課題となっており、国によって規定も定められています。高さのある所からの落下や、踏み外しによる転倒など、思わぬ所で発生してしまう事故は、いかに未然に防ぐかが重要ともなります。

たくさんの子どもが安心して公園施設の遊具を利用するためには、管理している企業団体などにとっても安全面が大きな課題となり、様々な配慮が行われています。

公園施設の遊具が維持される仕組みについて

公園の施設に置かれている遊具や他の設備、修繕、管理、などを公園施設製品安全管理士が関わりおこなっています。この資格については、国が唯一認めている管理統括可能な技術者資格を有しています。

この管理士になる為には、11年以上における公園施設においての業務経験を保有し、そのうちの3年間での管理業務の経験があり、点検管理士の資格を保有した上で、かつ製品の安全管理士の試験にパスしなければなりません。

この様な制度のうえで、安全に公園施設の利用ができる様になっています。これらを理解したうえで、公園での設備を利用することをおすすめします。

公園施設の遊具に行う安全点検

近年は、公園施設の遊具によって子供が怪我をする、最悪の場合は死に至ることもあります。なるべく安心して遊んでもらいたいと考え、点検を行うようにしています。

点検は遊具の全てで行い、腐食している部分は交換したり、ぐらつくなどの問題は固定を徹底します。公園施設は、業者にこの点検を進めさせて、トラブルが起こらないようにします。

最近は点検が不十分で、公園施設の遊具による事故が起きてからまた確認している傾向もありますが、丁寧に対応している業者ならそれは起こりません。これから子供のために色々やりたいなら、少しでも多くの設備の点検をすると安心できます。

公園施設の遊具は新しいものへ

昔から使われている古くなった公園施設の遊具は、どんどん新しいものに変えられることになります。放置していることで、腐食している部分が増えてしまい、子供が遊んでいる時に壊れる恐れもあるからです。

そこで新しい公園施設の遊具に切り替える傾向があります。より安全に遊べる素材を使っているものが多くなり、金属が腐食するような方法は使われません。

新しいものは、より機能性を高めていることと、安全性の両方を作り出します。この安全な状況を作るためにも、できる限り古いものは新しいものに交換して、遊具の安全性を高めたいものです。進んでいる公園施設は、大人も安心できます。

公園施設の遊具を安全に使用する事が出来る点検管理士や点検技士

公園施設の多くが滑り台やジャングルジム、ブランド、シーソーなどの遊具が設置してあります。これらは安全に維持管理を行う事が求められているのですが、安全に利用するためには点検が必要不可欠です。

点検を行うためには一定の技術や知識を持つ資格者が必要で、認定資格として点検管理士や点検技士などがあります。点検管理士は公園施設内の点検業務の中で、管理や統括出来るなどの能力があり、適切に業務を遂行する事が出来る事が求められます。

一方、点検技士は点検管理士の管理下の中で適正に業務を遂行する事が出来る能力を持つ資格です。

公園施設の利用者と遊具の説明

公園施設は、公共性の高い団体によって作られており、市や民間の会社が運営しています。設置されている遊具は、それらの運営管理者によって安全に遊べるように管理されています。

市で管理されている公園は、比較的規模が大きく遊具の数も多いです。幼児や、小学生、老人など幅広い年齢の人が利用しています。

民間の会社(団地などの運営者)などが所有している公園施設は、規模も狭く、滑り台や鉄棒、ブランコなどシンプルなものが多い傾向があります。その分、子供を遊ばせる大人からは、子供へ目が届きやすく、母親同士の雑談場にもなり人同士の繋がりの場所といえるでしょう。

公園施設の定番遊具は子供が対象だけではありません

今時の子供たちは外で遊ばなくなったと言われますが、公園施設では今でも子供たちの騒ぐ声が聞こえます。公園には遊具がつきものですが、今や定番の滑り台、鉄棒、ブランコだけではなくなってきています。

少し大きい公園であれば滑り台とうんてい、ブランコ、ロープや壁面登りなどが一体化した複合的なものが人気です。さらに最近では高齢者の健康づくりを目的とした健康遊具も定番となってきています。

ぶら下がる、バランスを取るなどの簡単なものから、筋力トレーニングを目的とするものまで様々です。こうした高齢者向けの設備があることにより、見守りの効果も生まれるため公園の安全面にも効果が出てきます。

公園施設、遊具の設置については株式会社タイキへ。
〒543-0045 大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1-2

公園施設の遊具についての関連記事